1. TOP
  2. シーフード
  3. シュールストレミング~スウェーデンが誇る世界一臭い食べ物【ニシンを発酵させた保存食】

シュールストレミング~スウェーデンが誇る世界一臭い食べ物【ニシンを発酵させた保存食】

 2017/08/31 シーフード この記事は約 3 分で読めます。 468 Views
世界一臭い

シュールストレミングはスウェーデンにおいて生産される、ニシンを発酵させた保存食です。

作られるようになったのは中世の頃ですが、塩が貴重であった為に保存食にも関わらずその節約の為に塩水を使用します。

この為、発酵段階において腐敗に近しい状態に至る事が特徴です。

また19世紀以降は缶詰として作られる事が主流となりますが、他の多くの缶詰とは違って加熱を行わず、缶の内部でその発酵を進めるという特徴があります。

ギネスブックにも認定された世界一臭い食品

その為、個々の製品の発酵具合や保存状態にも拠るものの、内部でガスが生成されて膨らんだ缶が多い事が顕著な特徴の1つとなる食品です。

更に発酵段階において、刺激臭や悪臭を放つ物質が複数生成されます。自然発酵である為にその臭いの度合もまた個々の製品に拠って異なりますが、他の食品と比較して臭気を数値化した場合には、圧倒的に高い値を示します。

つまり、世界一臭い食品であると言う事が出来るもので、ギネスブックにもそのように記載されています。

機内持ち込みが禁止されている!?

内部のガスの影響により、場合によっては運搬中に缶が爆発するという事態も想定されます。そうなった場合には強烈な悪臭が解き放たれる事から、密閉性の高い環境下では大きな問題を生じる可能性があります。

特に航空機の運行に支障を来たす可能性があるという事に加え、上空での気圧変化から爆発を助長する可能性もあると考えられているので、多く航空会社では機内への持ち込みを許可していません。世界一臭い食品としての名は日本でも知られていますが、こうした事情から土産物としての利用は困難になっています。

一方、船舶等を活用しての日本への輸入が禁止されている訳ではありません。ガスの問題から一般の小売店舗で扱われるケースはありませんが、通販では国内で購入する事は可能なので、口にする機会を得る事が出来ます。

但し臭いの問題から、その扱いには慎重を期す必要があります。

スポンサードリンク

シュールストレミングの保存・食べ方と臭い対策

食べ方としてはまず、開封する時まで常温環境に晒さずに冷蔵して置く必要があります。常温では発酵が進み過ぎて中身が液状化する可能性があり、そうなると食用に適さない状態となった上で更に臭いが強烈になるという問題があるからです。

次に臭い対策として、冷蔵状態から取り出して直ぐのものを、出来れば屋外で開封します。不可能な場合はボウル等に水を張った中で開封するのが、次善策となります。

屋外での開封の場合、汁気の飛び散りを避ける為にビニール袋等で包んだ状態のものを開封します。もし室内や衣服に汁が飛ぶと、臭いが取れない状態になる可能性がある事から注意が必要です。

開封したら、中身を流水で洗い流して汁気を取り去ります。そして残ったニシンの身の部分や、製品によっては一緒に発酵されている卵の部分を食す事となります。

加熱されていない状態の生のままですが、そのままでも食べる事が可能ですし、中身単独で食べる事も問題ありません。

塩蔵品なので塩気は強く、野菜やクラッカーと合わせる事でより美味しく食べられる可能性があります。

関連記事

  • タラバガニむき身~かにしゃぶやいろいろな料理に重宝~北海道産地直送

  • 私が満足した楽天のかに通販店ベスト3!やっぱり通販でしか味わえない絶品お取り寄せ蟹を紹介します

  • くさやの食べ方と保存の仕方~その製法と独特の匂いについて

  • 蟹に合う食材~フランスに住んでいた経験を活かしたレシピ

  • カニみそが最高!毛蟹の食べ方~さばき方と茹で方から保存と解凍方法まで

  • 栄養満点!地元産ひじきがたっぷり入った愛媛県大島の「長寿じゃこ天」