1. TOP
  2. 米・パン・麺類
  3. 九州米「さがびより」はブランド米なのに手頃なお値段の美味しいお米です

九州米「さがびより」はブランド米なのに手頃なお値段の美味しいお米です

 2017/05/12 米・パン・麺類 この記事は約 4 分で読めます。 310 Views
お米

お米を購入する時、普段ならば産地は信越・東北・北陸のものが多いのですが、雑誌で「さがびより」を知り、そのこだわりの栽培と力の入れように興味を持ちました。

約10年という時間を掛けて品質の研究と改良を繰り返した末に開発されたお米で、生産者・生産地が登録制、栽培するにあたり基準を設けて、状況に応じた育成指導と徹底管理を行い、出荷時も基準を厳格に定め、それらをクリアして初めて世に流通されるブランド米は、米の食味ランキングでは平成22年産から毎年連続で特Aを取り続けている。それが佐賀県産の「さがびより」です。

試しに食べてみることに

魚沼産を筆頭とした信越エリアや東北エリア以外で特Aを取るのは難しいのに、毎年連続で特Aを取り続けている。しかも登場した翌年からずっと特Aレベルの品質を維持している。

それならば試しに一度食べてみよう、という期待を込めて初めて購入をしてみました。

ネットの大手通販サイトを利用し、販売価格は10kgで約4500円(送料込)だったので特別高額でもなく、むしろブランド米と呼ばれる物にしては、買いやすい価格であるのも嬉しいです。

これまでに3回ほど九州産のお米を購入して食べたことがあり、それはそれで美味しかったのですが、家族は慣れ親しんでいるお米の方が良いらしく「いつも食べている米にして欲しい」と言われてしまい、元に戻しました。

それ以来、久しぶりに購入する九州産のお米です。

何も言わずに食卓に出してみると

商品到着後、早速さがびよりでご飯を炊き、まずは何も言わず普段通りに食卓へ出しました。すると家族からは「今日の米は普段よりも凄く美味しい」と直ぐに気付き大変好評だったので、さがびよりであることを伝えました。

炊き上がりは艶があり、食べると甘みがあってモッチリとした食感、冷めても美味しいままでパサつくことも無いのでお弁当用のご飯としても重宝しています。

そして米の一粒一粒がしっかりしているので、食べ応えもあります。

また、どんな料理にも合う飽きの来ない味に「次もコレがいい」と家族からのリクエストもあり、ここ最近はずっとリピート購入をして食べ続けています。

同じ銘柄の別産地米をリピートし続けることは今までにもありましたが、同じ銘柄で同じ産地の米を継続的に購入するのは、さがびよりが初めてです。

たまにスーパーでも「さがびより」を見かけるが

自宅近所のスーパー等でも、さがびよりが販売されているのを見掛けますが、常に入荷している米ではないらしく、実際に店舗の売場まで行かないと売られているかどうかが分からず、お店や時期によって価格変動の差も激しいというのが非常に困る点です。

また、お米が必要な時に店頭価格が高いと怯んで別銘柄米で代用しようかと考えてしまったり、手頃な価格の時は在庫があるのについつい購入してしまい、狭い食料庫の大半をお米が占めたこともありました。

そして持ち帰る際は、余りの重さに買ったことを後悔するほど辛かったです。

その点を考えると通販であれば在庫の有無も分かり、価格変動もほぼ無く安定しており、その多くの場合は実店舗よりも安く購入できる上に重いお米を自宅まで配送してくれるので、とてもありがたいです。今は専ら通販による購入で店頭では滅多に買いません。

これからも買い続けるか、もしくは別銘柄を購入したとしても「また『さがびより』を食べたい」と思い戻ってくる、現在では我が家にはなくてはならない、基本となる銘柄のお米です。

東京都にお住まいの40代女性の方からいただいた、九州のお米「さがびより」の口コミ情報でした。

お米のような重い物を通販で頼むと、その便利さを更に感じますよね。

スポンサードリンク

関連記事

  • 京都グランマーブルのデニッシュパンで私が大好きなのは「栗とあんこ」と「京都三色」です♪

  • オムライスのおいしい作り方~自宅で簡単に出来る料理

  • かに雑炊を美味しく作るレシピ

  • おいしいフレンチトーストの作り方

  • 兵庫県但熊の「卵かけご飯セット」は絶品!~シンプルだからこそ敢えてのお取り寄せ~

  • 自然解凍してオーブンで焼いたらパン屋にいるような~鎌倉のカルヴァの美味しいクロワッサン~