1. TOP
  2. 料理
  3. 茄子を使った料理レシピ

茄子を使った料理レシピ

 2017/08/30 料理 野菜・果物 この記事は約 4 分で読めます。 376 Views
茄子

茄子の旬は7月から9月でこれからいよいよおいしくなる季節です。茄子はスーパーでもお馴染の野菜でしかもお手頃価格で買え、節約レシピにもぴったりな食材です。

なすの成分のほとんどが水分です。暑い夏はしっかり水分も補給しないといけないので夏にはとてもぴったりです。

そのほかに骨の健康に働きかけるビタミンK、利尿作用でむくみを予防してくれるカリウム、貧血の予防や妊娠を希望している方、妊婦さんにも積極的に摂取してほしい葉酸、便秘作用する食物繊維、骨を強くし血液を作るカルシウム、体温や血圧を正常に保ってくれるマグネシウムなどが含まれています。

そんな栄養たっぷり茄子をおいしく召し上がってほしいということでレシピを紹介します。

麻婆茄子のレシピ

我が家で大人気の茄子料理はなんといっても麻婆茄子です。茄子を嫌がる子もいるのですが、麻婆茄子だけは文句を言わずに食べてくれます。

材料は茄子、人参、パプリカ、ピーマン、豚挽き肉です。麻婆豆腐の下でもいいのですが、甜麺醤大匙1.5、しょうゆ大匙1、鶏がらスープの素大匙1、水カップ1/2です。これらの調味料をあらかじめ混ぜておきます。フライパンにごま油を入れ、するおろしたニンニクと生姜を適量いれ、ひき肉を炒めます。別のフライパンに人参、ピーマン、パプリカを千切りにして炒めます。

また別のフライパンで茄子を炒めます。炒めたひき肉に調味料を入れ、肉に味をしみこませたら野菜を入れ、さらに炒め、最後に水溶き片栗粉をいれ、麻婆茄子の完成です。茄子以外の野菜は千切りにすると子供も食べやすくなります。

スポンサードリンク

茄子のミートグラタンのレシピ

茄子料理、二つ目のレシピは茄子のミートグラタンです。

材料は茄子5コ、合いびき肉300g、玉ねぎ1コ、ホールトマトの缶詰、ピザ用チーズ50g、オリーブオイル適量、塩コショウ・砂糖少々です。なすは縦半分に切り幅5mm位の細さ、玉ねぎはみじん切りに切ります。水に3分ほどさらし水気を拭きます。

フライパンにオリーブオイル適量を入れ、中火でなすの両面を焼きます。薄く焼き色がついたら取り出して、次は玉ねぎを炒めます。玉ねぎがしんなりしてきたら、ひき肉を加えて更に炒めます。肉に火が通ってきたら、ホールトマトを缶汁ごと加え、木べらでつぶし、塩こしょう少々、砂糖も少々を加え煮立てます。弱めの中火で3~4分、強火にしてさらに4~5分煮て、水分を飛ばします。

トロット来て来たら耐熱容器になすの1/2量を敷き、ミートソースの1/2量をかけます。同様に残りのなす、ミートソースを重ねます。ピザ用チーズを散らし、温めたオーブントースターで4~5分焼き、完成です。お好みでローリエを使うとより風味の良いグラタンになります。

和食の茄子を使った料理レシピ

最後は中華、洋食ときたので和食のレシピです。とても簡単な時短レシピなので忙しいお母さんにもおすすめです。

材料は4人家族で茄子5本、豚薄切り肉200g、塩こしょう少々、薄力粉適量、大根おろし、青ねぎ適量、ポン酢適量、お好みで七味です。

茄子を縦1/4に切り、豚肉を巻いていきます。塩コショウ少々をふりかけ、小麦粉をまぶします。フライパンに油を薄く引いて焼いていきます。各面に焼き色がついて来たら器にもりつけ、大根おろし、青ねぎをのせポン酢をかけます。

お好みで七味を振りかけて完成です。たれはなんでもよく合います。ポン酢はあっさり食べられるので暑い夏にオススメです。

和風にはならないですが、焼き肉のたれ、ハニーマスタード、はちみつとバルサミコ酢をまぜたソースもよく合います。キレイに焼くコツは一番最初に巻き終わった部分を下にして焼くことです。

関連記事

  • かにグラタンのレシピ

  • かに料理を楽しみましょう~調理方法のいろいろ

  • ブロッコリーの茹で方、賞味期限、保存方法、人気料理の情報

  • ゆで卵の茹で方、味付け卵・温泉卵の作り方、消費期限などの説明

  • おせち料理づくりにチャレンジしてみよう!~主要品目のレシピまとめ~

  • 親子丼のおいしい作り方