1. TOP
  2. シーフード
  3. カニ味噌が美味しいのはどの蟹?

カニ味噌が美味しいのはどの蟹?

 2017/03/20 シーフード この記事は約 3 分で読めます。 590 Views
カニ味噌

かつては珍味として広く認知されていた「カニ味噌」ですが、最近は通販等の普及で一般の食事等でも「カニ味噌」を食べる機会が多くなっていると思います。しかし、カニ味噌とひとくちに言っても、種類によって若干味が異なるということを知っていますか?

好みの問題もありますが、カニ味噌が美味しいのはどの蟹?なのかということを記載しておきます。基本的に、カニ味噌として食べる場合には、その味の濃厚さと風味から「毛蟹」のカニ味噌が最も高い評価を受けています。価格面でみても、「毛蟹」のカニ味噌が高く設定されているはずです。

毛がにが大好きという人のかなりの人数が毛がにの味噌を楽しみにしている人も多いですよね。身っ子と味噌を交換して!っていう人が家族の中にいるよってご家庭も多いと思います。

私のところも甥っ子がカニ味噌が大好きでそこばっかり食べて困るぞ!って妹(甥っ子の母親)にクレームをしたことがありました^^。

ただし、美味しいのはどの蟹なのかということに関すると、ズワイガニやガザミ、そして上海蟹といった種類の蟹も「カニ味噌」として広く利用されています。

そして、刺身やしゃぶしゃぶで使われることが多いタラバガニに関しては油分が多いため、カニ味噌として利用するには若干くどいという評価がなされていますので、その点には注意が必要かと思います。特に、タラバガニのカニ味噌に関しては触感も大きくことなるため、別の料理というぐらい違います。

人気1番!?カニみそ

カニみそとはカニの内臓、中腸線の事で甲羅を取ると見ることが出来ます。濃厚な味わいと甘みが特徴で特に毛蟹や上海蟹のものが美味しいといわれています。タラバガニや花咲ガニにもカニみそは存在していますが、脂っこく茹でても固まらないのであまり食用としては出回っていません。

カニみそは茹で上がったカニから取られ、そのままお寿司のネタやお酒のつまみとして食べられます。他にもパスタや和え物のアクセントとして使う場合もあり、その用途は様々です。生のカニみそは酵素活性が強くとても痛みやすいので新鮮なカニのものを選ぶ事をおすすめします。新鮮な物を求めにくい場合は缶詰や冷凍品、加工品としても販売されているのでそれを選ぶのもいいでしょう。

カニみそが生産されるようになったのは昭和30年ごろです。元々保存の難しかったカニみそが缶詰技術が進歩したのをきっかけに加工品として生産されるようになったのです。缶詰などのカニみそはズワイガニのカニみそを主に使っています。日本海側で多く水揚げされるズワイガニが使われているのです。カニみその成分にはグリコーゲンや脂肪が豊富に含まれています。エネルギー源となるような栄養が豊富に含まれているのです。

その他の栄養も豊富でイノシン酸という成分も含まれて居ます。イノシン酸とは旨み成分の一つで鰹節にも含まれている成分です。栄養分が豊富なだけでなく味わいも良いのでカニみそはカニの身と同じ様に人気があるのです。

スポンサードリンク

関連記事

  • タラバガニの人気の通販店について

  • かに通販を利用する際の不安点はどんなことがあげられるでしょうか?

  • 関門うにまん極~築地で出会った美味しい黒いやつ

  • 蟹に合う食材~フランスに住んでいた経験を活かしたレシピ

  • カニしゃぶしゃぶのお取り寄せ通販【口コミで評判はココの蟹です!】

  • 毛がにの基礎知識