1. TOP
  2. シーフード
  3. カニのお取り寄せ~自宅に居ながらにして蟹を食べられる通販の注意点

カニのお取り寄せ~自宅に居ながらにして蟹を食べられる通販の注意点

 2017/03/22 シーフード この記事は約 7 分で読めます。 346 Views
かにのお取り寄せ

今ではほとんどの方が知っているであろう、お取り寄せ。

お取り寄せとは地方の名物や産地直送の新鮮素材、高級食材などを自宅に直接届けてもらい美味しく食べることが出来るとても便利な通信販売のことを言います。お取り寄せがブームになったとき、洋菓子や和菓子などのスイーツをメインとして扱っていたところが多くあったのですが今ではそういった決まりはなく、どんなものでも美味しいもの、名物を取り寄せることが『お取り寄せ』となっています。

これを読んでくださっている方の中でも、お取り寄せをしたことがある方は沢山いるのではないかと思います。高級食材や希少価値の高い食べ物ではなくとも、低価格なものでも取り立て珍しいものではなくとも良いものを取り寄せていただいたならそれはお取り寄せですから、そう考えると敷居はぐっと低くなりますよね。

ただ、やはりお取り寄せというと高級食材、価値のあるものがメインとして扱われることのほうが多く、あまり低価格なものであったりありふれたものであったりすると「お取り寄せしたんだよ!」と胸を張って言うのはちょっと恥ずかしいと思うかもしれませんね。

そして今回のテーマでありますかにの通販もお取り寄せのうちのひとつで、かには基本的に安くはないものですから胸を張ってお取り寄せしたかになんだよ、と言えます。

まあどんな食材・食べ物にしろほかの地方から取り寄せた立派なものなのですから、金額や価値ににこだわらず、美味しいものは美味しいとして食べるのが一番ですね。

かにのインターネット販売

カニ通販は一般的に広く利用されるようになってきました。ネットの通販やテレビショッピングなどで多くの人たちが購入しています。

しかし、お正月にスカスカのおせち料理が送られてきたという事件があったり、粗悪な蟹を電話で売りつけるという押し売り商法のような心ない販売者も一部いることも確かです。失敗しない蟹の通信販売の利用の仕方などをこのカテゴリーではご紹介しております。

かにを通信販売で買おうと思ったら、まずどの方法で買うかを考えなくてはいけません。そこで今回はインターネット通信販売でかにを購入する場合のお話です。現在で通販やおとりよせと聞いて思い浮かべるのはやはりインターネット通販でしょうし、取り扱いの数も多いので選びやすいという利点があり初めて通販でかにを購入する方にはぴったりの方法です。

インターネットでかにを購入する場合、まずする事はかにの販売店を探す事です。大手のショッピングサイトを巡るもよし、デパートなどの百貨店の通販サイトを探すもよし、どちらも巡って好みのものを探すもよし、かにの販売店を探し好みのものを見つけましょう。好みのものを見つけたら、次はその販売店やかにの詳細を見て安心して購入できるお店・品物であることを確認します。ほかのところでまたお話しますが、そのために商品レビューやお店のレビューをしっかりチェックするようにしましょう。その結果購入の意思が固まったら、後は商品ページから手続きをして購入を完了させます。

購入方法はどのサイトでもほとんど同じで、まず商品を買い物かごに入れ購入ページに進み、住所・氏名・電話番号などを入力し支払い方法を選択して送信するだけです。もし購入方法がわからない場合は、初心者向けの説明ページもありますからそこを見てみるといいでしょう。購入が完了したら後は自宅にかにが届くのを待つだけです。かには生もので冷蔵・冷凍便で届きますからスムーズに受け取れるよう可能なら時間・日にち指定をして、冷蔵庫・冷凍庫はかにのために整理して空けておきましょうね!

かにのカタログ販売

カタログと言うと洋服や雑貨のものを想像する方も多いのではないかと思いますが、食品を主に販売しているものもありその中にはかにを販売しているものもあります。カタログ販売で購入する場合、良い点が販売会社が大手で信頼できるところである場合が多い、という点です。初めて購入する場合は特に、きちんと頼んだものが届くか、食品ですから鮮度や状態がいいものが届くか、料金は妥当かなど色々と不安に思うことも多いでしょう。

ですが大手の販売会社なら、今までの販売実績がありますから不安はやわらぎますし安心感も増します。またカタログでも誰もが無料で入手できるものではなく、登録した人にだけお届けするものや有料のものは殊更安心ですね。

そしてカタログ販売での購入方法ですが、カタログの中から気に入ったかにを見つけ購入しようと思っているのですから購入方法が全く分からない、という事はないでしょう。カタログについているはがきで購入をするもよし、専用のフリーダイヤルで購入手続きをするもよし、自分のやりやすい方法でOKです。支払い方法もインターネットショッピング同様代金引換や振込み、クレジット払いなど色々ありますのでその中から自分の好みの方法を選ぶことが出来ます。

もしカタログ通販で何か不安なことがあれば、カタログに載っているフリーダイヤルに電話をかけて聞くことも出来ますから(電話をかける時は今見ているカタログの番号や商品番号が必要になることが多いので、手元に置いてからかけるようにしましょうね)、パソコンなど電子機器が苦手な方でも注文しやすいのではないかと思います。

蟹のチラシ販売

チラシというと、新聞紙に挟んであるものや郵便受けに直接入っているものを想像する方が多いのではないかと思いますが、ここではそういったものではなく郵便局や銀行などに置いてある食品販売のチラシを主にお話していきますね。もちろん新聞紙に挟んであるものやその他のチラシでもチラシには違いがないのですが、置いてある場所や入手方法は意外と大事ですよね。同じチラシでも郵便受けに誰が入れたのか分からないものより郵便局や銀行、駅やデパートなどで手に入れたもののほうが安心感はあります。

またほかの入手方法としては、通販カタログを頼んだ際に同封してあるもの、というのもありますね。通販カタログを郵送してもらった場合、それに保険会社や健康食品などのチラシが付いているのはよくありますし、その中にかにを含め色々な生鮮食品のチラシが入っているのもよくある事です。

ではそういったちらしを見て、欲しいかにがあった場合の購入方法です。基本的にはちらしに購入手続きの仕方が書いてありますから、それにしたがって手続きを進めます。電話であったりFAXであったり、方法は色々ですからまずはちらしの内容をしっかり読んで把握しましょう。

ちらしを見てかにを購入する場合、インターネットショッピングやカタログ通販より購入しにくい場合がよくあるようです。支払い方法が少なかったり、受付時間が決まっていたり。ですのでそういった場合少し困るかもしれませんが、そのチラシに載っているかにが食べたいのであれば頑張って手続きを進めましょう。

ちなみにちらしから購入する場合、手続きとしてはFAXが多いようですが、自宅にFAX機器がない場合はコンビニからも送れますので近くのコンビニを利用してみるといいかと思います。

かにを贈答品として贈る場合

かには高級食材のうちに入りますから、お世話になった方に感謝の気持ちをこめた贈答品としての用途もあります。他人に物を贈る場合、どんなものを贈ればいいかとても迷うものですが食べ物ですと消え物ですから贈りやすく、受け取った方もずっと荷物になるものではありませんから負担になりにくいですよね。送る側の嗜好や趣味は考えなくてはなりませんが、ご家族がいる場合ご家族みんなで食べられるものとしてのかにはやはり喜ばれやすいものですし、贈答品にはぴったりです。

ただ、甲殻類にアレルギーを持っている方は意外と多いのでそこは気をつけて下さいね。重度のアレルギーの方ですと、少しでも食べてしまうと呼吸困難や酷い湿疹などで救急車を呼ぶことになる場合もあります。そして贈答品としてかにを送る場合もうひとつ気をつけたほうがいいこととして、一度自分が利用したことがあるお店・品物を選ぶということがあります。人様に贈るものですから失敗は出来ませんし、食べ物を送るのなら美味しいものを贈りたいですよね。相手がかにがお好きならかにを送るととても喜ばれるでしょうが、ちらしやインターネットでの画像、カタログだけ見て贈って、届いたものを見ると中身がすかすかのものだった、や写真や画像と全然違い貧相なものだった、なんてことになってしまうと相手に失礼です。

ですので、誰かに贈るものを買うお店は一度自分が利用してみて商品管理やサービス面で安心できると思ったお店を利用するようにするといいです。出来れば贈る品物も一度自分で頼んでみて、味や状態を確認しておくといいのですがそれは無理な場合もありますから、お店のチェックだけでもしっかりしておくようにして下さいね。

スポンサードリンク

関連記事

  • 浜松のうなぎ専門店から通販で国産うなぎ3尾×2を購入してみる。

  • 丸高・高下商店の紀州備長炭干し『備長梅左衛門』の干し物詰め合わせ~これは干物というジャンルの代物ではなかった!

  • かに通販を利用して失敗しないための5つの方法とは?!

  • シュールストレミング~スウェーデンが誇る世界一臭い食べ物【ニシンを発酵させた保存食】

  • 通販で届いた身入りゼロのタラバガニ!当社比写真なんかまったくアテにならない事実を知った!

  • かにのオーブン焼きのレシピ