1. TOP
  2. シーフード
  3. 丸高・高下商店の紀州備長炭干し『備長梅左衛門』の干し物詰め合わせ~これは干物というジャンルの代物ではなかった!

丸高・高下商店の紀州備長炭干し『備長梅左衛門』の干し物詰め合わせ~これは干物というジャンルの代物ではなかった!

 2017/07/02 シーフード この記事は約 3 分で読めます。 482 Views
備長炭

『丸高』の愛称で呼ばれる高下商店の紀州備長炭干し『備長梅左衛門』の干し物詰め合わせを購入しました。

紀州備長炭干しというのは、通常の天日干しや風をあてて干物を作る製法ではなく、細かい備長炭を敷き詰め備長炭が水分を吸収し、干物を作るという製法です。この製法では、対象の干物が空気に触れることなく、備長炭が水分だけを吸収するので、劣化(酸化)を防ぎ、魚本来の旨みを凝縮させます。

ですので、非常に鮮度の高い干物が出来上がり、作り手の掲げる『日本一旨い!!究極のひもの』の文字通り、干物というジャンルにするにはおこがましいほど、みずみずしさを保った干物が出来上がり、何もいわずに普通に焼いてだせば、誰もが干物ということが想像できないほど、焼き上がりがふっくらとします。

また、干物にする前につけこむ調味料にもこだわっており、紀州といえば言わずと知れた梅の名産地。その高級梅干しの「南高梅」を作る過程でできた梅酢を、干物にする前の魚に漬けこむ塩水に加えています。その梅酢のおかげで、調味液がまろやかな味に仕上がり、魚の旨みをより一層引き出してくれ、魚本来の旨みと、調味液の美味しさがあいまって、一度食べたらやめられない干物が出来上がります。

価格は、単品では1枚(1匹)数百円~で、この手間、美味しさでこの価格は買いです。また、季節によってとれる旬の魚をつかった干物もあったりするので、定番の魚から、季節ごとの魚まで楽しむことができます。そういった意味では、詰め合わせを頼むのが手っ取り早く、おすすめ商品も入っているのでいいかと思います。

私がこの商品を知るきっかけになったのは、TV番組(満点青空レストラン)でとりあげられた放送を見てのことでした。魚好きの私は、これは一度食べてみないとと思い、和歌山まではすぐにいけないので、通販で購入することにしました。一度食べてからというもの、この干物の虜になってしまい、バーベキューやパーティーなどあるときには、必ず注文して、他の人にもこの干物の美味しさをひろめています。

普段から口にすることの多い、アジやサンマといった大衆魚が、紀州備長炭干しの干物になると、高級魚に変わります。魚への概念、特に干物という概念は覆るという表現が正しいのか、干物というジャンルにするのは失礼にあたるのではと思うほどです。魚好きの方、ぜひ一度ご賞味していただければ、この干物のすごさが一発でわかると思います。

大阪府に住む39歳の男性の方からいただいた、紀州備長炭干し・備長梅左衛門の干し物詰め合わせの口コミでした。
スポンサードリンク

関連記事

  • テレビ番組で紹介された絶品のお取り寄せ商品が残念ながら期待はずれであった

  • 寒い季節に嬉しい!冬に温まるカニ料理レシピ

  • 毛がにに含まれる栄養素について

  • 少し割高でも納得できる冷凍牡蠣のほうが良い

  • いくら醤油漬けを通販で購入するならリピーター続出の北海道のお店ですね

  • かに通販を利用する際の不安点はどんなことがあげられるでしょうか?